夢と幻の散歩道2

夢と幻の散歩道 第2章 _手に届かないお月様を求めて 心は はるかに遠く 切符をなくしてしまったまま 旅は今日も続いている

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-30 [ Tue ]
00015723.jpg


雨上がりの昼下がり

野原で見つけたピンクのお花

昼顔・・・

柔らかなツル

生きるしなやかさが美しい


00015724.jpg

同じピンクのお花

お散歩で玄関さきで見かけた

ペチュニア

柔らかく開く花びらは

夏の風にひらひらと
美しく揺れる



両方美しい花

でも

昼顔は草刈で刈り取られて

ペチュニアは肥料をもらえる

すごく違う
不公平・・・・

でもそう思うのは人だけで

昼顔もペチュニアも
同じように
与えられたところで一生懸命生きるだけ・・・


00015725.jpg


アガパンサスと
蜂さんと
らら
みんな友達・・・

そう思ってみたけれど
この蜂さんはちょっと怖そう・・・
そっと逃げてきました

・・・・・
使えるもので使えないものを
リサイクルショップへ

そこはららが前に働いていた精神障害者の自立支援センター
そこの利用者さんともスタッフとも笑顔で話しができた・・・
そして
少し元気をもらえた・・・




スポンサーサイト
2009-06-29 [ Mon ]
00015720.jpg

日々草に朝日が当たる
雨上がりの青い空


00015721.jpg

滑り落ちそうなのに
笑いながらかすかに震える

00015722.jpg

刻々と変わる自然と自分の関係性は
包まれるような優しさと
計り知れない怖さとの混ざったような
畏敬の気持ち

刻々と変わる人の心と自分の心との関係性
私とあなたを隔てるものの向こうには何も見えず
あなたは私の心に映ったあなた
それは関係そのもの
かけがいのない大切な大切なもの

刻々と変わる体と心
心はよく暴走する、反対の可能性を吟味する
迷う
でも身体は愚直なほど正直
心よ、体といい関係を築いてほしい

目の下がピクピクといつも動くのは
疲れすぎ?

・・・・・


2009-06-29 [ Mon ]
00015715.jpg

とても小さな妖精になって
飛んでいると・・・

自分の羽の音も聞こえる

00015716.jpg

ココに降りてみようか・・・

空中に浮かんでいると
風がとっても怖い
吹き飛ばされそう・・・

00015719.jpg

可愛いダリア

あの花びらの中がいい

00015718.jpg

えっと・・・

あ、ここがいい
00015717.jpg

ここでやさしく
花びらに包まれて
ひと休み

・・・・

毎日少しずつ片付け

両親のもののほかに
父の父のタイの国王様からもらったものとか
父の父のそのまた父の描いた油絵とか・・
父の母が10代の頃に書いた詩とか

それから母の10代20代の頃の短歌や随筆や小説や・・・

もうどうしようもない、
ただ呆然と時間が過ぎる




2009-06-28 [ Sun ]
00015714.jpg

偶然の糸と必然の糸が

木漏れ日のように

事象の横糸に織り込まれていく


00015713.jpg

紬のような

地味な布地

あぁ、時間ってこんなものなんだ、

ダリの絵のような
薄っぺらい曲がった時計は

もうとっくに止まってしまった。

・・・・・

金色と紫の布で飾った四角い箱は

助手席で

シートベルトをした

昔みたいにね

向ったところは病院ではない


からんと手入れされた墓地の中で
お墓のふたが開けられて

到着を待っていたもう一つの陶器の入れ物が
チラッと見えた。

・・・・・

こういうときに
祈る対象があることは幸せかも

・・・・
ベガはアルタイルを見つけられるの?

ららには永遠のときはない

七夕に

願い・・・もう思いつかない





2009-06-28 [ Sun ]
00015707.jpg

ムラサキクンシラン

でもクンシランとは違う響き

00015709.jpg

アガパンサスの鐘のような響きが聴こえる
そう、
音楽

コンチェルト

00015712.jpg


いつから人間は

自分たちの世界を

社会と名づけたのだろう・・・

いつから人間は

自然を観察する対象にしてしまったのだろう・・・

観察することで

自然に対峙して

いつのまにか

利用することを考えて


00015711.jpg

でも、
それじゃ、

なにかがこぼれおちちゃう


つちの匂い

草の吐息

頬をなでる風の感触

包まれる感覚に

幸せを感じる感性



どんなに沈んだときですら
幸せだと思える


人間はこの感覚を忘れてしまう・・・


社会の人間力学の中の

一瞬の均衡の安心と

一瞬の和の楽しさを

求めるようになったから・・・






2009-06-27 [ Sat ]
00015706.jpg

ゆっくりと夜が白みはじめる頃

早起きのうぐいすが
ニワトリより先に空に歌う

そのころ
つぼみの中でも
花の心が明るくなりはじめる

00015704.jpg

曖昧の表情の奥に

花の願いがかすかな詩のように
風の中で見え隠れ




00015703.jpg

もう迷いはしない

小さなハマユウの心に
白く
もっと白く

白くひかる夏の陽ざし


00015705.jpg


・・・・・
また法要がある

そして今度は

小さな部屋から
もっと小さな石のお部屋に

まだ新しい陶器にはいっている父が
そこで待っている






2009-06-26 [ Fri ]
00015697.jpg

シロツメグサで何かを編んでいるかな・・・・



00015700.jpg

7月に近いのに純白な清らかさに
足を止める


00015699.jpg

梅雨の晴れ間の光は
色を変えてしまうほど強烈だけれど

ずっとずっとこの白さが好き



00015698.jpg

このお花をよけて歩くのは



よけながら「おはよう」

このお花の声は猫にしか聞こえない


猫はヒトよりずっと多くのものを認知しながら歩く

猫はきっと

真剣に今を生きている

・・・・・
シロツメグサで首飾りを最後に作ったのはいつだっただろう・・・・
靴が露でぬれても一生懸命編んだの・・・・

そういえば、ちょっとだけ心に刺さることがあった・・・・
小さな子がシロツメグサを摘んで編んでいて
それを見た母親が少女に言った
「だめじゃない、お花には命があるのにそんなに採っちゃ、
かわいそうよ、やめなさい」
少女は作りかけの首飾りを捨てて、母親と一緒に行ってしまった・・・

ららの心に残った後味の悪さを
この少女もかみ締めている・・・きっと。



2009-06-26 [ Fri ]
00015693.jpg

緑のハート

黒いゴミ?は残念だけど
ハートの形が嬉しくて

ライラック
マフマニノフの映画で
この花と花の香りと花にさす光が
心に残った

00015694.jpg

これもよく分からないお花
山椒の葉を大きくしたような葉のある木

その白い優しさに
癒されます・・・

00015695.jpg

ピンボケ写真(笑)
暗かったのと
緊張してしまったのと・・・
でも、天使のような表情がかわいい

・・・・・
今日
少しだけ中学校で問題があったりして・・・
さて、どういう一日にあるのか・・・

2009-06-25 [ Thu ]
00015691.jpg

一日ブルーで
やはりブルーの花が好きなんです

それにキキョウは桔梗という漢字が好き

00015689.jpg

よく何かにつけて「何で?」と聞く人がいる。
でも、ほとんどのことは理由に基づいて行動しているわけじゃない。
後から行動の理由付けをするだけ。

00015690.jpg


好きに理由はない
好きだから好き。ただのトートロジー
それで充分

記憶の戸棚に入れるために感覚が言葉に置き換わったとき
生の感覚が失われる

大切なものが消えてしまうかもしれない。

でも、言葉は生きもののように他の人の生命に入り込んで
その心の中で
もっと素晴らしい感覚を引き起こすこともある

言葉の
魅力

言葉は力
呼び起こされる感動と
癒しの力

傷つけることもあるけれど・・・
人と自然の関係と
人と言葉の間柄
何か似ているような

00015692.jpg

記憶の向こうのガクアジサイ


・・・・
きょうはファミリーキッチンに
写真3枚現像して飾りました
ネジバナと花菖蒲と睡蓮

患者さんが季節を感じてくれるように・・・



2009-06-25 [ Thu ]
00015685.jpg

花びらの柔らかさは
アジサイと対照的

色合いはアジサイと同じ
落ち着く

この色

開きかけたつぼみから
柔らかな薄い花びらが

空気に触れるときの感触

雨の日と粒の重さの感触

そんなことを感じながら・・・・・

00015682.jpg

不思議
外界と遮断された感覚
何をしても
誰と話をしても
自分から抜け出せない

行動してみる・・・・
これから落ち着いたら
福祉系のボランティアをほかでもはじめようと考えている

今日は緩和ケア病棟のボランティア
季節の写真を現像して飾っている。
きょうまた新しいフォトを持って行こう・・・
病院にはどうしても季節感がなくなってしまうから

・・・・・
人と人
心と心

その関係の温度はやっぱり自分自身の作り出したもの

だいぶ後になって
そのときのその人の気持ちが見えてきたり・・・

・・・・

人って思い込みの中で関係を気づいているのかな~
それも何か哀しいし
自分を突き抜けてじかに人の心に達する
無理。。。
だってそう思ったって思い込み。。。。

・・・・
でも意識しない心の内面が
全く気づかないまま

人の心に伝わることもある

自分のことは自分で分る・・・これもおごり



2009-06-24 [ Wed ]
個性
00015673.jpg

わたしとあなた
ぜんぜんちがうけれど
けっこう相性いいよね


00015674.jpg

彼女のよさ
少しだけ距離をおくと
はっきり見えてくるよ




00015675.jpg

わたしとあなた
ずっと近くにいたのに
いつも反対
違う夢を見てる・・・




00015676.jpg

ネジバナのお母さん
やさしい微笑み
温かいまなざしは宝物


00015677.jpg



信じあうこと
私はあなたの中に生きる

あなたは永遠


00015680.jpg

あれはあなたじゃない
鏡の中のわたし

わかっているよ
もう随分前からあなたはほんとは
いなかったことを





2009-06-24 [ Wed ]
00015681.jpg

言葉が

雨に打たれて

融けてしまう


瞬間くっきりと形を持って

瞬間くっきりと喜びに充ちて

00015684.jpg


それから静かに倒れる心地よさ




00015688.jpg

2009-06-23 [ Tue ]
00015671.jpg

睡蓮のすぐ近くにあったホタルブクロ

・・・・・

ただ家にいると困惑する
何にどう向き合っていいのかわからない

セレモニーの処理とかそういうことではなくて

朝起きられない
何も出来ない
何が哀しいのか虚しいのかわからないけど、

前に公園で拾った青い梅をキッチンに飾った
それが真っ黒にシワシワに干からびていて
それがショックで
しばらくぐったりと横になったり、

ゴミは捨てなくちゃと思いつつ
外に出るまでに大変な心の葛藤

00015670.jpg


どうしたの?
だるい

母は旅立った・・・・分ってる
雲が灰色・・・・梅雨だしね
昔大好きな人と別れた・・・・むか~しね
バラの花が枯れた・・・・それはしかたない
花壇に出来ていたアリの巣に殺虫剤を入れた・・・・アリは害虫だし
ラフマニノフのDVDをみた

すべてが何だろう・・・
苦しいのはなぜだろう

べつに泣きたいわけじゃない



すべてが突然重たくて仕方なくて

すべてが突然どうでもよくなる


00015672.jpg

自分は純粋ではない
透明ではない

すいません・・・
取り繕う必要のないここだから
呟いてみました



2009-06-23 [ Tue ]
00015657.jpg

すっと伸びる細いつぼみは
何となく着物のイメージ

00015666.jpg

今心を開いたら
雨に打たれて
傷ついてしまうのに・・・

00015664.jpg

そんなことはお構いなし
何かを愛して
何かを求めるように

花開く

まっすぐ伸びた茎に先に
大きな花びら

そのバランスはとても危うい
もういくつ倒れてしまっているか・・・

それでも
夢見て
憧れて

求める

あなたを


00015668.jpg


それは

リアルな

メルヘン



2009-06-22 [ Mon ]
00015654-1.jpg

動きのない風景に
リズミカルに動きを添えてくれる雨

まむしとザリガニがいるというこの辺り
睡蓮が綺麗に咲いていました

00015654.jpg

にごった水のなかで
驚くほど純粋に

00015653.jpg

花びらのピンクは泥水にも濁らない

00015655.jpg

この花の生きる秘訣はなんだろう?

ららには出来ない・・・
弱いから

突付かれれば凹むし
泥をかぶれば汚れるし

いつの間にか
どうやって自分を守るか・・そんなことばかり
どうやっても好きになれない自分のこころ

・・・・
雨の中
泥水の水面に浮かぶ睡蓮が

まぶしかった



2009-06-22 [ Mon ]
00015651.jpg

雨の中だから人はまばら

柔らかい花びらは
雨を
まともに受けて萎える

00015649.jpg

花開く時期は
六月終わりごろ?
梅雨の時期を選んだなんて


00015648.jpg

よく見ると虫さんもいる。
蝶が舞う、蜂が飛ぶ、
雨でも

00015650.jpg


色のハーモニーが
アジサイ色

この色たちには彼らだけの音楽がある



2009-06-21 [ Sun ]
今日は滝の撮影は中止で花菖蒲の撮影に変更

雨の撮影は実は好き(*^_^*)
大好きな雫が一杯

00015644.jpg

公園なのでいろいろなお花が
雨と語り合う

迷い戸惑いの空に
凛とたつその姿

00015645.jpg

普段ららはあまり傘をささない
雨に濡れるときは
お花と同じ心になれるから

00015646.jpg

全く違うもののアップからですいません
これはギボウシのつぼみ

00015647.jpg

雨に濡れているのではなく
雫に包まれている
雫の中に
心を解き放つ
植物

やがて
花びらは雨に融けて
無くなってしまうのに

満ち足りた即自的存在・・・


・・・・
小口さん、撮影ツアーの企画ありがとうございました。
そしてお世話になりました


2009-06-21 [ Sun ]
00015641.jpg

名前は分からないけど
緑の中のオレンジ色が
鮮やかに誇らしく

この花は緑の葉を愛しているの


00015643.jpg

小さなつぼみは円弧を描く

左右のつぼみがゆっくりひらく

00015642.jpg

梅雨空をバックに下から

どんよりした空だから、
私がお日様

優しく微笑む

愛されている緑の葉っぱたちは
きっと幸せ

・・・・・・
お友達
退院できました
彼女のお母さんからお礼にと
大きなかぼちゃときゅうりとじゃがいもを頂きました
かぼちゃは堂々としていて
その重さ
硬さ・・・

かぼちゃを持ったことってあまりなかった・・・
そのたくましさに圧倒・・・




2009-06-20 [ Sat ]
00015638.jpg

郷愁の漂うピンク

ねじれる向きに決りはないみたい


00015640.jpg

曇のすきまから
わずかに光が差して
花びらがひかる

地上10cm

154cmの高さで見たら何も見えない
何も聴こえない


00015639.jpg

空に向って開いて
お日様の光を求めているのは
カタバミ

空に向って
種の一杯入った腕を掲げる


地上5cmの世界


・・・・
夜中の空は
ぼんやりと薄明るい

雲が地上のライトを反射しているためか・・・

・・・・

澄んだ夜空が見たい








2009-06-19 [ Fri ]
00015635.jpg

目標を何となく定めているのは
安心だからかも
しれない

これをしなければならない
課題というのは
意識を現実に留めておくために
有効

でも今

目標を阻む得体の知れない
ブルーな気分を

じつは

見つめている



00015637.jpg

初めとなる終わり

コバンソウの実は
時が充ちれば
ちぎれて種をまく

種がこぼれたあとの

終焉

すべてを終えた身体は
驚くほど軽い

たとえば

蜂やセミの死骸

もう動物も植物も終わりの姿は変わりない


軽く消えるために

消えてまた新しい生命の誕生のために

風と土になる



2009-06-19 [ Fri ]
00015634.jpg

ナンテンの花
つぼみ

つぼんでいるうちのほうが
綺麗に揃ってる

でも、つぼみ一つ

個性を咲かせる

苛立ちそうな
不安なような
こころを抱えて
みんなといつもいる中学生のよう

・・・・・
給食はいろいろなクラスに
グループでテーブルクロスをしいて

でも
同じ空間と時間を共有するという感覚がうつろ
みなそれぞれ自分の時間を自分で楽しむ。

まるで、電車。
電車ではそれぞれ音楽を聴いて本を読んでうとうとして・・・
こんなに近くにいるのに他の人の存在を意識から抹殺
当然よね、不自然な近さだもの

でも学校の中でも人と時間と空間を共有したくないといった感じの子たち・・・
ひょっとしたら、家でもあたりまえのようにテレビが
空間の意識を壊しているのかも



ららもいつのまにか
「私たち」という言葉を
会話の中で
使わなくなってしまった気がする
2009-06-18 [ Thu ]
00015632.jpg

薄紅色を添えたアジサイ

風雨を耐える強さと
日陰でも花を咲かせる力と

環境に馴染むしなやかさと

人の心に優しさを育むアジサイ


00015633.jpg

小さな花
よく見ると開いているのと開いていないのと

ホトケノザも同じ・・・咲いているのと咲かない花と

咲かない運命の花もある
花と生まれたら咲きたいだろうに

つぼみのまま枯れてしまうのは切ないだろうに
そんなつぼみは花咲くつぼみに夢を託して枯れていくのかしら・・・・


・・・・
お友達のお見舞いに

まだICU
人工呼吸器をつけている

飲んだ薬の影響で呼吸不全になるのを防ぐため・・・

・・・
今日は特にインフルエンザに対する警戒が・・・
ほかでは収束に向っている今頃
つくばで感染が確認されたから

今度の冬が怖いかも・・・

・・・・
8月上旬アメリカに行こうかな~
叔父と叔母が住んでいるから。
下旬はスクーリングで戻ってこなければならないけれど・・・

計画中・・

・・・・
今日は太宰治が生まれて100年
津軽ではどんなイベントがあるのだろうか

100年前!変わらない、人の心は。

・・・・・
ひとり密かに夢見ること
もちろんそれだけでは夢は現実にはならないけど
それは心の故郷のように
癒してくれる

夢も持って夢を抱いて
友達と語り合って、影響しあって、
励まされて、
そういう夢は実現するもの



2009-06-18 [ Thu ]
00015630.jpg

どこか無秩序

ごちゃごちゃ

惹かれるのはそのエネルギー

流れたい方向に心のままにほとばしる力

乱れた力

・・・・これは栗の花



00015631.jpg

乱れた緑

草だけじゃない葉っぱだけじゃない

緑が乱れて距離を失って
心に入り込む

芝生のみどり

そこに水がたまって苔が生えて
苔にみどり

雨ばかりで浮き草が広がって
浮き草のみどり

そして林の木々を映して
木々のみどり

みどり

みどりは言葉すくなく

優しく

心の中で


どうしようもない心の子どもに

寄り添って

ゆっくり包んで


そして光になって消えていく


・・・・・
お友達、意識回復しました。
そのうち呼吸器もはずしてもらえそう・・・

今日はボランティア行くので様子を見に行くけれど・・・
面会は出来るかな~

2009-06-17 [ Wed ]
00015626.jpg

コバンソウの故郷は
地中海の見えるところ

観賞用に日本にやってきて
今は荒地にかさかさ揺れる

00015627.jpg

コバンソウの向こうにはヒメジオン、ドクダミ、・・・・
夏の野原

・・・・
同じ3次元を生きているけれど
人はアリを見て
その2次元みたいな限られた視界を哀れに思う

それと同じように
カラスは人を見て
その狭い視野を哀れんでいるかもしれない


・・・・
00015628.jpg

クズがツルを伸ばす
旺盛に生きる

00015629.jpg

巻きついて生きる
そういう生き方もあるけれど

ららは人に巻きつかない

巻きつかれた人はたぶん苦しいから


自分ですっとまっすぐ立っていたい


・・・・
今日は1時間だけ
特別頼んで特別支援学級の授業を見学

一人一人との関わり
その深さがさすが専門の先生
だからそこの生徒もみんなのびのび

・・・・
2009-06-17 [ Wed ]
00015624.jpg

野原で


つぼみので
お花の妖精が眠っている
目覚めるまでは
花は開かない

おはよう・・・
目が覚めた?

00015625.jpg

お花が開いたとき
ふわっと空に飛んでいって
光に溶けていった妖精


誰も知らない秘密の出来事


・・・・・
病院に運ばれた友達に
心の隅にいた自暴自棄の自分を見たような・・・

心のバランスを崩さないように

心は自分の中だけでは完結はしない開放系
思い込みや羨みを捨てて
素のままで
関係性の中に
一歩



2009-06-16 [ Tue ]
00015622.jpg

大地の夢

大地に根付いた紫陽花の花が
空を仰いで見た夢

花びらの上の虫の赤ちゃんが
しっかり花びらにつかまって見た夢

00015623.jpg


じっとそれを見つめたららの夢

みんな同じ
6月の夢

・・・・・

疲れた・・・

また友達から電話

大量の薬を飲んでいた

リスカの跡が
まるで模様のように腕に刻まれていて
一つ一つが苦しみの痕跡

救急車を呼んで病院へ

そこはららがボランティアをしている病院
いつもは
生きたくても生きられない末期がんの患者さんと話しをするけれど
今日は生きられるのに死んでしまいたい彼女に寄り添って。
いぇ、ほんとは生きたいのに、生き方がわからないの。

意識はないからハナシできなかったけれど、
付き添って、ららは
何を考えていたんだろう

どうやって生きたらいいのかということ

放たれた風船が
お月様に向って飛んで行く前に
注射針で夢を割ってしまえばいいか・・・

流れの速い世の中を生きるには
したたかな梶も必要か・・・・

速く集中治療室を出られればいいけれど・・・





2009-06-15 [ Mon ]
00015617.jpg

丸いつぼみ


00015616.jpg

そっと開いて


00015618.jpg

花びらのフリルが
昔のブラウスの思い出


・・・・

・・
「しかしこの世の善だの悪だの
容易に人間には分りはせぬ
人間に分らない無数の理由が
あれをもこれをも支配しているのだ

山蔭の清水のやうに忍耐ぶかく
つぐむでいれば愉しいだけだ

汽車からみえる 山も 草も
空も 川も みんなみんな

やがては全体の調和に溶けて
空に昇って 虹となるのだろうとおもふ・・・」


中原中也「山羊の歌」より




2009-06-15 [ Mon ]
激しい雷雨は止んで
曇り空の朝

濡れてしまった餌をついばみにすずめが来る

あのバラは?

00015614.jpg

一晩を耐えたそのバラの姿

このバラがららを

黙って見下ろしている

分っている、もう大丈夫だよ



00015615.jpg

この世界を曲線で閉じて

その中に永遠を閉じ込める


00015611.jpg

美しく

儚く

消えゆくまえに

かすかに震える

震える









2009-06-14 [ Sun ]
夕方の暗雲

鳥もひっそり息を潜める

不気味な雷鳴は

不安

畏れ



突然の爆発のような雷

怖いわけじゃない
心配なわけでもない

毎日の平静さに耐えられなくなったように
泣く

雷鳴に包まれて泣きじゃくる


どう考えるか
何をすべきか

周りへの配慮
笑い

心の表面が風に囁いて微笑んで歌っているのに

くらい冷たい深い静けさ




00015610.jpg

ひと月

長いひと月


あぁ、いくら休んでも疲れてる


このバラは夕方の雨に打たれて
もう散ってしまっているだろう

脳裏をかすめる人は皆

去っていく後姿


それでも振り切るように
テキスト見て
出来ない暗記

忘れては覚えすぐ忘れる




2009-06-14 [ Sun ]
00015607.jpg

本当の花は真ん中に
ちゃんと開くのもある紫陽花の花


00015609.jpg

繊細な花びら

きっと

野に渡る風を花びらに感じながら
小さく小さく踊ったり頷いたり、

その心もしなやか

ヒメジオン


00015608.jpg

矢車草

いつもの散歩道に

いつものように

「露の世は露の世ながらさりながら」
一茶にしては哀しげな句

Renounce nothing.............Cling to nothing......

そして時は過ぎていく




 | HOME |  »

プロフィール

らら

Author:らら
月へ帰る道が分からなくなったららです

フォトの中に時を閉じ込めて

心の扉の鍵をそっとあけて


忙しいあなたの心が癒されますように

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。