夢と幻の散歩道2

夢と幻の散歩道 第2章 _手に届かないお月様を求めて 心は はるかに遠く 切符をなくしてしまったまま 旅は今日も続いている

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-28 [ Sun ]
00017674.jpg

一日をありがとう

優しさをありがとう

00017673.jpg

激しい雨はあがった

雫は春を告げている

あなたに逢えてよかった

00017672.jpg


あなたの優しさとこの香りを
心いっぱい吸い込んで

雨上がりの空を見上げる

スポンサーサイト
2010-02-28 [ Sun ]
00017651.jpg

静かな夜明け
それぞれの人の日常がはじまる前

優しく冷たく

霧が世界を包む

00017662.jpg

梅は
はるか彼方のお日様に憧れて
咲き誇るけれど、

今は
霧に抱かれて
その優しさにまどろむ


00017656.jpg

このひと時
頑張るのは少しお休み

進むのも
目指すのも
登るのも
越えるのも

少しお休み


00017654.jpg

硬く縮こまっていた心が

少しずつほぐれてくる


そう・・・信じて

大丈夫
あなたは
守られているのだから



00017657.jpg

霧の中に甘い
香りを放つこの花の

静かな優しい眼差し…




2010-02-27 [ Sat ]
00017649.jpg

月の光に抱かれて

甘い香りを放つ梅の花

00017647.jpg

み空行く月の光にただ一目相見し人の夢にし見ゆる
                  
                     安都扉娘子

万葉集第四巻



00017646.jpg

夜、月の妖精たちは地上にそっと降りて

梅の香りに酔いしれる


梅の香りのする月の光は

彼方の夢に心をいざなう



00017645.jpg

月・・・
言葉の響きでは「むーん」がいい



2010-02-26 [ Fri ]
00017644.jpg

願いはきっと叶う

そう梅はつぶやく



00017642.jpg

「わたしは食道と胃がないから何も食べられない・・・それに抗がん剤の効かない癌だから
明日死ぬかもしれない・・・そう思っているけれど、今日も生きているのよね・・・」
ボランティアが桜餅を配っていると、その人は笑みをたたえてそう答えた
あっけらかんと
「もうそろそろ死んでしまいたいけれど何だか生きているのよね」とも笑顔で呟いた

その笑顔の奥に
死を受け入れるどれほどの苦しみがあったか、
激痛や呼吸困難の苦しみを毎日経験しながら
どんどん美しくなっていく

その笑顔はまるで天使


00017643.jpg

見守る目

見守る梅

大丈夫
日はまだ高い

光の中で願いはきっと叶う
叶いますように・・・

・・・・
アダプターがきて
パソコン復活です
嬉しいな~~


2010-02-26 [ Fri ]

00017615.jpg

北へ帰る旅も間近

見つめるのは北の空の向こう

目指すのはかなた

ここで休みながら
あなたの心は

旅立ちのことでいっぱい



00017614.jpg

引き止めはしないよ

もうすぐお別れだね


コーヒーをゆっくり飲んで

いつもの朝のように

ららも

今日を歩きはじめよう・・・



レンズはいつ戻ってくるのか
携帯はいつもどってくるのか
PCのアダプターはいつくるのか・・・

あるべきものがない不安

たくさんのものに囲まれて
毎日必ずそのものがある…
これで心はずいぶん安らいでいるのかも・・・







2010-02-25 [ Thu ]

00017636.jpg

桜の古木

遠くで
絹がすれたような音がする
気がする


・・・
絆ってなんだろう
愛?

深くむすばれていて、それでもそれぞれ自分の道を歩く愛
それもあり?
それが大人の愛?
それとも心の遊び?

愛や絆と喪失は
ひかりとかげ

深い喪失
深い失意から
何年もかけて這い上がってきても
また簡単に無意味な沼に落ちてしまう

波のように押し寄せる孤独と悲しみ


それでも

それでもひとは

絆を求める

愛を求める

どうして??

当たり前なことがとても不思議に感じることがある


横抱きに抱かれてすやすやねむる赤ちゃん
自分の命をかけて人を信頼しきった姿

当たり前なことにすごく感動したりする













2010-02-25 [ Thu ]


去年兼六園でみた雪釣り・・

めったに雪の降らない東京でも

このように雪に備えて


00017633.jpg

春の香り

土の香り

梅の香り

風の香り


遠い文化の香り

淡い夢の香り

懐かしい記憶と

暖かい明日が
混ざり合った…

そんな香り

(六義園にて)




タムロンから連絡ありました~
1万以下で直りそう
ららの春はもうすぐ・・・

2010-02-24 [ Wed ]
00017639.jpg

六義園にあるつつじ茶屋
この柱はつつじの古木材


モミジに囲まれてひっそり佇む

曲がった枝を曲がったままに柱にする

枯れてしまった古木に対する深い深い愛情で
つつじはこんな形でよみがえってもう100年

この文京区で戦災を免れた奇跡

ここで時間は驚くほどゆっくりと悠々と流れる





2010-02-24 [ Wed ]
00017641.jpg

バッテリーでかろうじて動くパソコンから画像をアップ

日曜に行って来た六義園

川越藩主柳沢吉保が元禄時代に築園
それから岩崎弥太郎の別邸
それから東京都の公園に

「回遊式築山泉水」の大名庭園というふうに書かれてある・・・

00017640.jpg

こういう庭園の梅の花

ほんとうに日本人の美意識

梅は庭の中だけで美しいわけではない・・・
もっと大きくもっとたくましい
けれど、
庭園に咲く梅とその香りにやはり
うっとりと夢心地


2010-02-23 [ Tue ]
00017620.jpg

ということで

今日は携帯が

修理の為に旅立ちました

機械を狂わすオーラが出ているらしい・・・


このフォトはじつはお月様にフォーカスを合わせたの

木の先のほう・・・





以下どうでもいいこと
» READ MORE...
2010-02-23 [ Tue ]
00017621.jpg

手帳サイズのPCからの更新です

これからはしばらく画像アップができないかも・・

そういえば木を選定する電気バリカンでコードを切ったことがある・・・
動かなくなりました。
機械ってこのコードが生命線

たとえは都市機能はケーブルで支えられている
それが切断されたら、どうなるだろう・・・
すべての安全システムが作動しなかったら・・
すべての情報が途切れたら・・・
安全を配慮したものでも
想像すらできない盲点がありそう・・・




以下
関係ないこと
» READ MORE...
2010-02-22 [ Mon ]
00017623.jpg

ありえないこと
公園に行ったらフウロウがいた
全然逃げない


ありえないこと
パソコンのアダプターから煙が出て
ケーブルが焼けて切れてしまった

しかも売ってない
サービスセンターから取り寄せても時間かかる・・・

00017624.jpg

前はコタツのスイッチから火が出たこともあるし

何があっても不思議じゃない

不確かな「たぶん」で支えられている明日・・・

その当たり前がたまに崩されて


でもでもだから
新しい発見や出逢いがあるんだよね




2010-02-22 [ Mon ]
00017630.jpg

バランスの悪いフォトですいません

22222という感じで白鳥が泳いでいるものを探したかったのですが
これしかなくて^^;

2を見ていると白鳥さんに見えてくる
でも白鳥さんは2には見えない
それでも今日は白鳥さんに2になってもらって

素敵な一日になりますように


2010-02-21 [ Sun ]
誰も知らない
小さな夢

お日様をみつめる

00017628.jpg

小さな命

お日様はちゃんと見守ってくれる



00017629.jpg

小さな命に

小さな虹

小さな春の

小さなお話






2010-02-20 [ Sat ]
00017625.jpg

春の陽の余韻

時の影のむこうで

あなたが見つめるのは・・・・


00017627.jpg

この地点

忘れがたい想い出の場所

もう過ぎ去ったこと

でも

同じこの場所に立つと

やはり

痛みが走る


・・・
一昨年の夏この場所に立った瞬間
たくさんの蜂に背中と両腕と両肩と・・いろいろ同時に刺されて
それから入れなかったところ。
体中に電気が流れたような衝撃だった・・・
リベンジのしるしにフォト1枚(*^_^*)

つくば市洞峰公園にて





2010-02-20 [ Sat ]
00017619.jpg


食べること

生きること

この瞬間を満ち足りて…


00017618.jpg

暖かくなれば長い旅に出る

一途に生きる彼らに
これからの不安はない


愛し合って
慈しんで子どもを育てる
そんな優しさに溢れた表情

嫉妬とか不安とか恨みとか
人の心を縛る悪魔は
ここにはいない

真っ白な自由な
世界を
生きる喜び

リアルに真剣な明るい表情もいいな~

白鳥さんにとって
夢は儚いものじゃない

今を生きることが
夢を生きること

(ららにしては珍しく順光で撮影)

00017613.jpg

一途に生きるもの

水の中の睡蓮
水の中に柔らかい緑の生命の力

土浦市乙戸沼公園にて


2010-02-19 [ Fri ]
00017612.jpg

天も
地も
空気も

いつも初めてで
いつもこれっきりの




00017609.jpg

雪の下で
オオイヌノフグリの葉っぱがどんどん大きくなる
土の中では葉っぱよりずっとたくさんひげ根が伸びる

チューリップの芽も大きくなった

梅の樹も雪帽子のしたに
ほんとにたくさんの
小さなつぼみ

月日が過ぎて春が来るのではなく

耀く明日への
眼に見えない小さな小さな営みが
春を生み出す

この梅園に梅の香りが溢れるのは
もうすぐ

つくば市梅園公園にて


・・・・
緩和ケア病棟には小さな喫茶店がある
カウンターにテーブル
テーブルには花と写真とお手玉と折り紙と

窓の向こうに筑波山

コーヒーの香りと柔らかい音楽

患者さんとご家族の無料喫茶店

そこでお茶を入れたり、病室に運んだりしていろいろなお話を聞く
それがボランティアの仕事

身近に迫る死とそこで見せる患者さんの笑顔
これが一番の楽しみと熱い紅茶を飲むその表情
人生の最期の笑顔と会話

重たいけれど、ららの中ではとてもとてもたいせつ



2010-02-18 [ Thu ]
00017605.jpg

春の鼓動


白梅の小さなつぼみが

雪の下で

春をしっかり握りしめていた


00017595.jpg

季節の隙間で


雪の妖精は

もうすぐ飛び去ってしまう

消えてしまうその前に

春の妖精にご挨拶

季節の隙間の束の間の

しあわせ



2010-02-18 [ Thu ]
00017600.jpg



茨城で降る雪は
細かく千切れた雲のよう

思い切ってレンズを上に向けて

00017598.jpg

雪の妖精

すぐにお別れはくるけれど

あなたを見てる今がすべて


手袋をはずして

両手で雪を包む

白い雪が

透明になって消えていく



梅の花 降り覆ふ雪を 包み持ち 
   君に見せむと 取れば消につつ
万葉集より
  
00017602.jpg


遠い日の
あなたは

あの空のかなた


2010-02-17 [ Wed ]
00017589.jpg

梅の花の間を
春の使者

希望を届けに
愛を届けに

天からの使い

いつもは風の中に消えていて

梅の花の中で

ふわっと姿を現す春風の妖精


00017590.jpg

メジロを見た日は
いいことがあるの

もうすぐ春だよ

もう我慢しなくて大丈夫だよ

風は春の色に変わっていくよ





2010-02-17 [ Wed ]
00017582.jpg

空もどんより・・・白鳥さんは昼下がりのお昼ね

背中を枕に寝る・・・なんか妙にうらやましい

枯れ草が白鳥を見つめる気分でしばらく白鳥を眺める


00017580.jpg

かもが気づいて
それから白鳥さんの家族が近づいてきた

きのう焼いたパンを持ってきたの!!
ちょっとだけおすそ分けね


2010-02-15 [ Mon ]
00017557.jpg

雲ははどんより重たく
何か充実して
灰色に時充ちて
そして
ちらちら落ちてくるのは
真っ白な雪

すべての線をを曲線に変えて
面を曲面に変える

00017560.jpg


冷たいのに雪の柔らかな温かさはなんだろう・・・

夜明け
真っ白な枝は
夢空間へとららをいざなう

明るくなる前の
つかの間の耀き
つかの間の夢


がんじがらめの心を
雪の中に放り出して
そして
白鳥のように羽ばたくことを夢見ていた
あのころ


00017563.jpg

あなたとのわずかな隙間が
怖くて不安で
信じていいのに
信じることができなかった
あのころ

脈絡のない記憶の欠片が

雪明りに照らされる


00017561.jpg

唐突に心を突いた言葉

「永訣の朝」

貧しさ美しさ悲しさそして朝の光

あぁ、静かに
雪に込められたたくさんの人の想いが

時をたゆたう

(つくば市赤塚公園)



2010-02-15 [ Mon ]
00017545.jpg

傾いた太陽を真っ直ぐに見つめる

強い風の中雲の間からわずかに顔を出して

そしてまた雲の中に隠れてしまった


人の足跡を隠してしまう風

沈んだ記憶
背負った荷
これからの予定

そういったものをすっと忘れて

今と此処の交点に立つ
この足の感覚
頬が受ける風の感覚
吸い込んだ大気の肺の中の感覚


冬の信州の最後のフォト
現実に戻ってみると
残された時間はもうなかった







2010-02-14 [ Sun ]
00017555-1.jpg


張り詰めたように冷たい朝

雪の中に咲く梅を見たい

白に紅が染まるような
澄んだ情熱のような

梅の花の
厳しく美しいその姿を

見たい


00017552.jpg

空は厚い雲に覆われ
宇宙の光は
雪の結晶の内部に閉じ込められていた


紅梅の濃いピンクの希望の蕾は
開くそのときを
静かに待つ

00017551.jpg

雪の帽子をかぶりながら

その花の奥に感じる確かな温もり

恋心のピンク色

00017549.jpg

雪の中の白梅は

寂しげ…

この世の

埋もれそうなもの

忘れられそうなもの

残されたもの

そんな小さな魂の捧げるために

静かに佇む・・・

つくば市梅園公園にて








2010-02-13 [ Sat ]
引き続き八岳の滝

00017534.jpg

冬ざれの渓谷を覆う粉雪が
風に舞い上がる

流れの音は雪に吸い込まれて
かすかに優しい

00017541.jpg

飛び散る飛沫は氷になる

静かな流れは岩に張り付いて凍る

その間で流れる水の軌跡は

かすかに生命の記憶

00017542.jpg

生きている
その流れは

偶然の奇跡

あなたとの出逢いは

偶然の奇跡


奇跡は

時の流れに

軌跡を残す


気づけば

喜びに震えた心の飛沫は

確かな記憶になって重なって

透明な氷の芸術を生み出していく

柔らかな真っ白な雪につつまれて

光にきらめく

もう不安は

ない



・・・・
氷と雪に
ポジティブな想いを重ねるのは
むずかしい・・・

壊れたレンズは
静かに入院中・・・


2010-02-12 [ Fri ]
八岳の滝

00017532.jpg

ツララに包まれるように
水が流れる

流れの飛沫と
凍える大気が

こんな氷の造形を創る


優しい光の音がする

00017538.jpg

透き通った光の妖精が

ツララを楽器にする

光のメロディ

その隣で

水の妖精たちの音

00017536.jpg

厳寒の渓谷で

こんなに繊細に
光と
氷の
水の
三重奏





2010-02-12 [ Fri ]
00017530.jpg

大禅の滝
全体

近づいてみる

00017518.jpg

もっと近づく

わずかに水の流れる音

あなたの傍に行きたい


00017519.jpg

迫力があるけど、

氷は雪の衣をまとって

青白く透明感のある
曲面が

優美

00017521.jpg

冷たさ美しさ

柔らかなフォルムと
硬い感触・・

時を内側に凝縮して

氷は氷河を想い

宇宙を夢見る


ランキングに参加してます
応援いただけたら嬉しいです

2010-02-11 [ Thu ]


駐車場から雪の階段を上がってその先に

青みがかったこの氷瀑がそびえる

上の写真の一番上の小さなツララが滝の水が落ちるところ

まるで松笠のように口を開いた氷


00017522.jpg

何をどう言葉を尽くしても

語りきれない

巨大に成長するこの氷


00017527.jpg

地上から天に向って伸びる力

永遠とか確実とか
そんなものはどこにもない

生成の後の消滅
消滅の後の生成
その根源の力は一体どこにあるのか




以下つぶやき
» READ MORE...
2010-02-11 [ Thu ]
00017510.jpg



雪煙…


夜明けの雲と風の中で

雪狂う

人の小さな目論見を吹き飛ばし
雪うねる

青空のもとに穏やかにきらめいていたあの雪原は

うずもれた記憶の欠片を宙にちらして

乱れる

風は頬に刺さる
身体は縛られたように動かない

鈍くなる感覚の中で
意識だけは鮮明に

その向こうを

凝視していた









2010-02-10 [ Wed ]
湯川渓谷氷柱

00017515.jpg

岩から染み出た水が
氷壁をつくる

空を仰ぎ見ると

氷柱が上から

厳しく見下ろす


00017516.jpg

氷がららの心に問いかける

人の痛みを感じることが
出来るか・・
これまで優しさを踏みにじって
いないか・・
氷の冷たさを知らないで写真を撮って
いるのではないか・・・
冬の厳しさをあなたは
知らない
あなたは
知らない

そう…
ほんとうはららは何も解っていない

自然の中で人はあまりに
小さい
人の中でららはもっともっと
小さい


00017517.jpg

厳しい氷の涙が
ららの心にひろがる

自分
こんなにも無力な存在

でも
それでも
太陽は微笑む


空を仰いで

一歩を踏み出す





 | HOME |  »

プロフィール

らら

Author:らら
月へ帰る道が分からなくなったららです

フォトの中に時を閉じ込めて

心の扉の鍵をそっとあけて


忙しいあなたの心が癒されますように

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。