夢と幻の散歩道2

夢と幻の散歩道 第2章 _手に届かないお月様を求めて 心は はるかに遠く 切符をなくしてしまったまま 旅は今日も続いている

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-31 [ Sat ]
00019060.jpg

まだ暗闇の中

潮風に

潮騒に

包まれて・・・

でも闇の中

・・・
4時前
岩場で世界が白み始めるのを待つ

待ちながら「果て」という言葉を思い出す

涙の果て
恋の果て

果てという言葉は何か切ない響きがある

一途に夢中で突き進んで
ふと立ち止まったところが
世界の果て

一方で
「果てしない」という言葉は、

何か希望に溢れている・・・

心の中の無限の力を信じている素晴らしさ



この地点を果てと考えるのか
果てしなく続く海を思うのか

今が一番深い昨日の終わりなら
ここは夜中走ってたどり着いた「果て」。

今が一番早い今日の始まりなら
「果てしない」海の広がりを

おもう・・

(茨城県ひたちなか市平磯海岸)

スポンサーサイト
2010-07-31 [ Sat ]
00019061.jpg

アラームの前に目覚めて

後先考えず出かける支度

どこに行こうか・・・

家の前の国道を右に行けば渡良瀬
左に行けば海のほう

気づいたら左に曲がっていた


00019062.jpg

着いたのは平磯海岸

湿った潮風と

磯の匂い



00019063.jpg

立ち込める霧は静けさのイメージだけど

繰り返す波の音

ここはもちろん
何の変哲もない海だけど

現実にあるものと
そう見えるものと
そうなって欲しいものとが

一枚のフォトに織り込まれる

(撮影 茨城県ひたちなか市)
2010-07-30 [ Fri ]
00019057.jpg

セミは竹林は好まないのか

蝉時雨は遠い過去から聴こえてくる

遠い蝉時雨ほど静けさをもたらすものはない

何か今という地点がふわっと宙に浮くような感覚・・・

00019058.jpg

斜陽は

夜が来ることを
闇の世界が訪れることを

その美しさをららにイメージさせてくれる

00019059.jpg

竹に寄り添うヤマユリ

この土の下には
死者が眠っているの??

(撮影 茨城県石岡市)

2010-07-30 [ Fri ]
00019056.jpg

強風の中ヤマユリを撮りに・・・

強風を選んだわけではなくて

今逢いにいかなければもう萎れてしまいそうだったから



00019055.jpg

風でユリは大きく揺れる

遠くに筑波山

ここから見る筑波山は形がいい

00019051.jpg

こんな風でも
林の中は甘い香りがただよう

西に傾いた真夏の陽射



最悪のコンディションのなか

夏という圧倒的な力に包まれた記憶を
残して

・・・
これはフラワーパークのなか。
薔薇の花で有名な公園だが、園内の山に入ると福寿草、シャガ、紫陽花、ヤマユリが
四季折々、自然のままの姿で咲き誇る・・・

年間フリーパスがあるので、気楽に行っています


(撮影 茨城県石岡市)



2010-07-29 [ Thu ]
00019045.jpg

光と霧

見る見る変わりながら


時は流れない

時は空間に深く広がる



00019046.jpg

朝の日の光はこの方角にはあまり入らないけれど、

不思議な色の重なりに

夢中でシャッターを切っていた

(撮影 栃木県藤岡町)

2010-07-29 [ Thu ]
00019048.jpg

小さな林があるという

その場所にいってみた

そのとき

霧で閉ざされていた草原に朝日でオレンジに耀く

00019042.jpg

ほんのりオレンジ色の草原

切り取ってしまったのは
その向こうの鉄塔が気になったから



00019044.jpg

更に南側はかすかな色

向こうは記憶の光

そして

あそこのもっと遠くが

未来

鳥の楽園

・・・
車一台分の狭い道に車を止めて・・・
でも誰も通らない


(撮影 栃木県藤岡町)


2010-07-28 [ Wed ]
00019039.jpg

ゆっくりと夜明け

朝霧の中を

時は

ゆっくりゆっくり

流れる

00019038.jpg

西の空

お月様は

夜の終着点へ

ゆっくりと向う

00019041.jpg

恐ろしいくらいの

この静けさ


ここは

遠い記憶の中



00019040.jpg

東の空は

朝の予感

遠く光の兆し

(栃木県藤岡町)


・・・・・
今日、浴衣の帯結びに挑戦したけれど、

胸とお腹をしめて、結ぶのに腕に力を入れて、帯を見るのに下を向いて・・
一生懸命やっていたら
気持ち悪くなってしまった・・・
二度ともだめ・・

立体折り紙みたいでおもしろいのだけど・・・
前途多難


2010-07-28 [ Wed ]
00019037.jpg

10時前だけど、陽射は炎天の昼間

イメージとは違うけれど

蓮のお花はこの暑いお日様の光が

大好きなの

00019036.jpg

六本の足で蕾にしっかりつかまって

羽の模様
葉脈にも似てるし
血管にも似ているし

いのちのもよう



00019035.jpg

露出アンダーで

何かを大切に守るような花びらの形

慈しみの心のかたち

(撮影 茨城県石岡市)


今試しに・・
浴衣を着て、
帯を結ぼうと悪戦苦闘

気持ち悪くなって撃沈・・・
これからまた再挑戦・・・


2010-07-27 [ Tue ]
00019028.jpg

日が昇って
川面が一面輝く

たくさんの小さな
光の欠片


遠い記憶と
先日の旅の記憶と

遠い人と近くにいる人と

そんな遠近感が

今のこの耀きに意味を失う

(撮影 栃木県藤岡町)



今日教育センターの研修があった・・・
行かなければ行けないのに
忘れてしまった
ショック・・・




2010-07-27 [ Tue ]
00019030.jpg

朝焼けしない単調な日の出
がっかりして
帰りかけたとき

00019031.jpg

川面にお日様が写りこみ
急に流れの色がオレンジに変わる

00019033.jpg

しまいかけたカメラを出してもう一度撮影

川面は金箔が流れているよう

(撮影 栃木県藤岡町)


蜂に刺されたところが
びっくりするくらい腫れてきた><

熱をもっていて硬くなっている
やっぱり何回か刺されると症状は重くなるのかも・・・
2010-07-26 [ Mon ]
00018963.jpg

この蕾を撮るとき

蓮の蕾は息を吐いた

天上の静けさが

辺りに広がる

00018967.jpg

葉脈を見ると

血管と同じ

生命の力を感じる


きっと天上も命の力で溢れている


・・・
暑いと
暑さの中に閉じ込められているような変な感覚になる。

ふと

置き忘れてしまったような不安

手を伸ばしても届かない幻の笑顔

すべてが記憶の深淵に沈むとは
思いたくない

(撮影 茨城県石岡市)

2010-07-26 [ Mon ]
00018965.jpg



00018966.jpg

同じ場所で。

時折できる波紋が

水面を滑っていく

蓮の花にはどんな音が似合うだろう・・

涙の雫が落ちる音

(撮影 茨城県石岡市)



友達のお父様が亡くなった・・・
献体すると聞いた。
さだまさしの『眉山』を読んだ。
そのなかでも母親が献体する。
決心の底にある思い・・・
そして家族の葛藤・・
そんな辛い思いにきっと蓮の花はやさしい。




2010-07-25 [ Sun ]
00018960.jpg

午前4時半くらい

響くのは
カエルのファゴット

見守り続けてくれた眼差しはもうないけれど・・・

今日はあなたのために世界一美しく開いてみせる・・・

00018961.jpg

開くときは
一枚一枚

ポンと音がする??
音は聞こえないけれど

心の中で

朝がはじける



00018962.jpg

ちょっと曲がっていてすいません・・・

今日の日常が始まる前の

曙のドラマ


・・・
今日・・・蜂に刺されてしまった
2匹同時に
熱い針を刺したような
電気に感電したような痛みだった

あまりの痛さのせいか毒のせいか
気分が悪かったけれど
しばらくしたら復活
薬は前にたくさんの蜂に刺されたときにお医者さんからもらってあるし・・・
もう大丈夫・・・

(撮影 茨城県石岡市常陸風土記の丘)



2010-07-24 [ Sat ]
00019005.jpg

カヤの平の北ドブ湿原

機材を背負って30分以上歩いた気がする

汗かいて疲れて

やっとたどり着いた湿原とこの青空

青空の下に今いる

その今自分がいるのだという実感が

理屈なく気持ちいい

00019008.jpg

一日かぎりの美しさ

萎れる明日を憂えても虚しい

ありったけの心を耀くこの瞬間に・・

なんと屈託ないオレンジ色なのだろう


00019010.jpg

青空に向うその姿

ね、明日も暑いけど、楽しく過ごそうね。

元気パワーをあなたにプレゼントです。

(撮影 長野県木島平村)

2010-07-24 [ Sat ]
00018991.jpg

おもいきり晴れたとき

遠くばかり見つめていたら

三脚とららの影が映ってしまった・・・

車も通っているし・・・

00018990.jpg

とつぜん霧に包まれる

少し遠くを切り取って・・・


いろいろな表情を見せる一沼

秋はどんなだろう・・・

(撮影 長野県山ノ内町)


・・・・

例えば大切な記憶も
歳月に風化してしまう・・

風化しない記憶もある

大切な記憶というわけでもなく
小さな日常の一つの場面だったり・・・

人の脳は…なんだか切ない





2010-07-23 [ Fri ]
00018992.jpg

一沼のヒツジグサ


00018989.jpg



00018988.jpg

たゆたう時が

ここにはある




以下
どうでもいいこと
» READ MORE...
2010-07-23 [ Fri ]
00018987.jpg

一沼に着いたとき

まだ
ヒツジグサは閉じて眠っていた

鳥の声に少しずつ花開く
その時間を

張りつめた感動のなかですごす

00018985.jpg

鏡のように世界を閉じ込めながら


水は静まりかえっている

でも

見えない沼の底には

一体どんな思いが

どんな情熱が・・・

どんな悲哀が・・・

沈んでいるのだろう

00018986.jpg

ミツガシワの葉っぱ



この沼は

音を吸い込んでしまうのか

人の時間を沈めてしまうのか


(撮影 長野県山ノ内町)


2010-07-22 [ Thu ]
00018971.jpg

色のプレリュードの後に

光と雲の即興曲

狂詩曲



00018972.jpg

朝のドラマのフィナーレは

柔らかに

色づいた霧が包む金色の世界



世界の果てをじっと見つめると

その同じ視線が

世界の果てからこの今の自分を見据える

(撮影 群馬県草津町)

2010-07-22 [ Thu ]
00018935.jpg

4時少し過ぎ



予感

確かなものが

宇宙には


ある




00018936.jpg

日はまた昇る

明日もその次の日も


曇りの日も雨の日も

雲の向こうの青い空に

日はまた昇る

00018937.jpg

新しい今日に

新しい心で


世界に満ちる光に

感謝の心で

(撮影 群馬県草津町)




2010-07-21 [ Wed ]
撮影紀行の記事の中に割り込みで・・・

00018982.jpg

りりちゃんのお墓の脇に植えたカサブランカ

今年も蕾が開いて

りりちゃんの魂が天国から戻ってきました

00018984.jpg

白くてやせて小さな捨て猫だった、

あれから10数年ずっと夜は一緒だった

今でも覚えている

柔らかくて
暖かい毛並み

後ろ足のしなやかな力強さ

朝は律儀にかならず5時に起こしてくれた。



00018983.jpg

りりちゃんお帰りなさい

天国では
りりちゃんのホントのお母さんにあえたかな~
ららのパパさんやお母さんと仲良くしてるかな~

満月ももうすぐ・・・


2010-07-21 [ Wed ]

夕方激しい雷雨
稲光と轟く雷音

空で神様が怒っている
怒られるようなことないのに・・・

すべてを洗い流してくれる夕立は好き
「田園」の4楽章を聞いてからもっと好きになった

00018955.jpg
(彩度を一段階上げています)

待って
待って

ほんのひと時現れた光

あの青空の向こうに天使が住んでいる


聴こえませんか?

天使たちの神秘の合唱

地上のたくさんの悪の中からひたむきな魂を救い出す天使たちの恩寵の詩
ゲーテ『ファウスト』の最後の短い詩。

すべて移ろいゆくのは、
永遠なるものの比喩にすぎず。
かつて満たされざりしもの、
今ここに満たさる。
名状すべからざるもの、
ここに遂げられたり。
永遠にして女性的なるもの、
われらを引きて昇らしむ。

       (高橋義孝訳)

(撮影 長野県山ノ内町)


2010-07-20 [ Tue ]
00018958.jpg

滝のすぐ脇

岩に細い筋のように落ちる水

この水の流れに何となく生命を感じる

みどりが揺れる

みどりが写る

Dc1623.jpg

滝つぼの水が勢いよくながれる

ただの岩だけど

なまずとかえるに見えたりして・・・


この滝は異次元空間で
さむかった・・・

(撮影 群馬県中之条町) 

2010-07-20 [ Tue ]
00018942.jpg

流れる水と

落ちる水


流れる音と

落ちる音



00018944.jpg

頬を包むような飛沫の霧

頬を撫ぜる涼風



風にゆれ、

光が揺れる


流れ去るものと

とどまるもの



形あるものと

流れ


流れる水は時

落ちて流れて

包んで過ぎる



00018947.jpg

一つ一つの瞬間が

耀く

はじける



(撮影 群馬県中之条町)


2010-07-19 [ Mon ]
00018941.jpg

この咲き方

思い切り自由

梅雨明けしたこの日に咲いた歓び

00018940.jpg

夏の涼風

湖面にささやく

00018939.jpg

ひたむきに生きるあなたに

愛の光が降り注ぎますように


一時の不運は

時とともに流れ去る


(撮影 群馬県中之条町)



今日、写団渡良瀬の写真展を見に行って
素晴らしいお写真を撮っている方々と会えました
いろいろ教えていただきまして、ありがとうございました





2010-07-19 [ Mon ]
00018932.jpg

風で揺れるキスゲ

ネットで見るとノゾリキスゲとも言うらしい

この白い花は何だろう・・・

風にはリズムがある

そろって風に靡く白い花の穂

その中で

気ままに踊るキスゲたち



00018934.jpg

盛夏到来

梅雨はそのうち明ける、当たり前なことだけど

待っていたものの訪れは

嬉しい



00018933.jpg

人の世で

待っていたものが訪れることなど

ほとんどない

だからなおのこと

当たり前に巡る季節が
うれしい

未来の空間に歩いてくのは怖いから

おもいきり走っていってみようか・・・

(撮影 群馬県中之条町)


上のフォトの白い花←イブキトラノオでした。教えてくださったたけまーさんありがとうございました。
2010-07-18 [ Sun ]
00018929.jpg

目で見たときは虫に気づかなかった・・・

たくさんの花
この花の命はたった一日

明日には萎れてすぐとなりに新しい花が咲く

00018928.jpg

命の力の一番初めは

こんな雲の感じ・・・そんな気がする

00018927.jpg

初めの一日で
最後の一日

この今日の今の瞬間の

この風の感覚・・・

お花になった気分で一緒に味わってみる

(撮影 群馬県六合村)


2010-07-16 [ Fri ]
00018925.jpg

町を歩いていて見つけた紫陽花

涼しげに日陰に咲いている

はじけるような陽射
焼けるような暑さ
ああ、真夏のそら

白い雲が東の地平線からもくもく湧き上がる

00018926.jpg

海に行ったらすてきだろうな~

そう思いながら、仕事帰り
暑さで頭痛、、、


2010-07-15 [ Thu ]
00018923.jpg

ららが小さいころは
空っぽのお仏壇で扉が閉められたままだった

今こうしてふたりここにいて

お盆さん、どうすればいいかな・・・
いろいろネットで調べて
藁の馬と牛を飾って
ちょうちんを出して
お膳を出して

おままごとして・・・


00018924.jpg

今日親類が来て、やっと行事は終わり

生きてる人のためのセレモニー



以下ニーチェ
» READ MORE...
2010-07-14 [ Wed ]
00018921.jpg

葉っぱの影から

世界をのぞく

初めて見上げるお空は

何となく不機嫌そう・・・

ちょっと不安

00018920.jpg

雨の一夜を過ごしたお花たち


雨の記憶があるから

こんなどんよりしたお空でも

ほっとできる。


打たれるほど強くなる??

でも

その傷跡は消えない



花壇のこぼれ種から芽が出て咲いた日々草の呟きでした


00018919.jpg

ユリが咲くとりりちゃんを思い出す

ここに眠ってもう何年になるだろう・・

今年も優しく静かにつぼみがふくらんだ


2010-07-13 [ Tue ]
00018917.jpg

最近写真を撮っていなくて
蔵出しを考えたけど、その蔵が離れていて面倒で
今撮ってきた・・・

カメラを持ってお庭に出る

誰にも見られないまま
ギボウシは花を咲かせて
そして萎れて
カモミールももう終わりそう・・・
ラベンダーももう終わり・・・


今日はちょっと池袋までお出かけ

きょうもまるくまるくまんまるく

そんな気持ちで・・

 | HOME |  »

プロフィール

らら

Author:らら
月へ帰る道が分からなくなったららです

フォトの中に時を閉じ込めて

心の扉の鍵をそっとあけて


忙しいあなたの心が癒されますように

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。