夢と幻の散歩道2

夢と幻の散歩道 第2章 _手に届かないお月様を求めて 心は はるかに遠く 切符をなくしてしまったまま 旅は今日も続いている

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-28 [ Fri ]
IMG_209720.jpg

しっとり濡れた色は鮮やか

陽に染まる彩とも

陽に透ける彩ともちがう


雨がすべてを洗い

すべての偽りを消し去る

いっときの見栄と

誤魔化しを消し去る



IMG_209714.jpg

ヒトとして

誰より自分を生かす性と

人として

誰もを優しく包む性と


二つの本質の狭間で純粋な真実など求めようもないとしたら

せめて

雨には濡れないでおこう



雨は前髪を伝って

涙のように

頬をながれる

(撮影 栃木県日光市)
スポンサーサイト
2011-10-24 [ Mon ]
IMG_209471.jpg

二日続けて大洗に行って
これが二日目の朝


繰り返し寄せる波

長い時間かけて生命を育んだり

あっという間に生命を飲み込んだり

人知を超えた
深くて大きな力


でも今日は穏やかな朝

(撮影 茨城県大洗町 10月)

2011-10-21 [ Fri ]
IMG_209372.jpg

暗いうちから日の出の瞬間を待っているのに

薄い雲がかかって

お日様はなかなか顔を出してくれなかった


柔らかな光を受けて

波が

笑っている



IMG_209330-.jpg

今日が始まったばかり

新しい何かを見つけて

優しい何かに触れて

・・そんな一日だったら素敵

でも

昨日と同じ繰り返しと

ありきたりの日常も

ほんとは幸せなんだと

思い直して空を見上げる

(撮影 茨城県大洗町)
2011-10-19 [ Wed ]
IMG_209204-.jpg

船上での夜明け


雲が切れて

この日最初の光が射す


光あふれる朝もすてきだけど

どんよりした空の雲の切れ間から
一条の光の射す瞬間は

感動的で
なにか救われたときの感覚

(撮影 茨城県 霞ヶ浦)





2011-10-17 [ Mon ]
IMG_209165.jpg

朝の光は

あっという間に
そばの畑を照らす

前日の夜の強い雨に打たれて

力を落としていたお花たちが

初めて微笑んだ


IMG_209172.jpg

今日も頑張ろう・・・

夜は明ける

光の中をまた出発


打ち砕かれたものがあっても

努力が報われなかったとしても

不運が重なったとしても

ゆっくりと一歩

朝が始まったから


(撮影 茨城県筑西市)



2011-10-14 [ Fri ]
IMG_209131.jpg

夜に強い雨が降って

倒れてしまったそばの花もあるけれど


みんなで今日の光を待っている
靄が赤く染まって

もう少しでお花にも光が届く

撮影 茨城県筑西市
2011-10-12 [ Wed ]
IMG_209028.jpg


いつも見ているのとは反対側からの筑波山

見る角度で驚くほど違う
同じ山なのに

筑波山とそば畑

(撮影 茨城県筑西市)

IMG_209047.jpg

コスモスは

夏に向いたり
冬に向いたり

季節の間を吹き抜ける風に

ゆらゆらやさしく

健気に

撮影 茨城県下妻市)


2011-10-10 [ Mon ]
IMG_208953.jpg

夜明け前のホンのひと時

空が真っ赤に染まる

このくらい赤くなるときは
かなり雲が出ていて
あまりカメラマンが集まらない


遠い向こうと

遠い未来と

遠い過去と

遠いものががこの今に
包含される

そんな瞬間がある




IMG_208965.jpg


今日一日

いい日でありますように

撮影 茨城県つくば市
2011-10-07 [ Fri ]
IMG_208892.jpg

秋は香り

夏と冬の隙間を
時は揺れて
やさしく甘く
香る香りは?

桂の樹の香り

金木犀の香り

秋に出会ったあなたの香り



IMG_208920.jpg

時が揺れ

心がゆれる

涙が乾き
また
静寂が戻るとき

前より少し

大人になれるのかもしれない

2011-10-05 [ Wed ]
IMG_208909.jpg

ヒツジグサのつぼみ

秋のつぼみ

みんなより少し遅れてしまって

もう誰も見守ってくれない小さなつぼみ


たくさんあったヒツジグサの花も終盤を迎えて

今度は色づき始めた葉っぱに

人は心を奪われる

そんな秋のはじめ

IMG_208915.jpg

自信がないのか

臆病なのか


遅れてもいい

真白く花開いて
柔らかな光をいっぱい受け止めてください


最初に開く花は感動的で

満開の花は華麗

でも
最後に咲く花は
ららの記憶の深いところで
ずっとずっと咲きつづける

2011-10-03 [ Mon ]
IMG_208809.jpg

光は

神様の

祝福


天使の

微笑み


こころの

救い


(撮影 カヤの平)
2011-10-01 [ Sat ]
IMG_208794.jpg

秋の空は
めまぐるしく変わる

そういえば女心も秋の空と同じ?


草も樹も空も人の心も

変わることが宿命なら

その移ろいに美しさの本質があるのかもしれない

でも
そうであっても

信じることのなかに、

分かり合える、つながっていると
信じることの中に

時を越える何かがある

朝の光に

あなたの愛に

感謝・・・

(撮影 9月11日 長野県)



 | HOME | 

2011-10

プロフィール

らら

Author:らら
月へ帰る道が分からなくなったららです

フォトの中に時を閉じ込めて

心の扉の鍵をそっとあけて


忙しいあなたの心が癒されますように

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。