夢と幻の散歩道2

夢と幻の散歩道 第2章 _手に届かないお月様を求めて 心は はるかに遠く 切符をなくしてしまったまま 旅は今日も続いている

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-30 [ Wed ]
IMG_307309.jpg


深く清冽な湖の岸辺の静寂に

不釣合いなほど唐突に


蜂たちの羽音と

明るい黄色と

むせるような菜の花のにおい

(長野県飯山市 5月26日)

スポンサーサイト
2012-05-29 [ Tue ]
IMG_307202.jpg

深い雪

冬の厳しさを越えて

新緑の今

それは自然の厳しい現実なのだけど

なぜか

歩いていると

夢のよう

・・・・・


たとえば会話は相手の目をきちんと見てきちんと伝わるように話すのかいい。。。
とか言う人もいるけれど、
それは主張したり、意見を言ったりするとき。
そんなときはいつも
わたしとあなた

たまには二人で並んで座って 同じものを眺めていたい。
言葉なんていらない。
そんなときはいつも
あなたの中にわたしがいて
わたしの中にあなたを感じる


(新潟県上越市 5月26日)








2012-05-28 [ Mon ]
IMG_307183.jpg

冬の間誰も足を踏み入れていない林

雪や風で枝が折れて

その折れ口の明るい茶色が

妙に痛々しい

寒さに耐えたブナたちはいま柔らかな緑の葉を纏う

硬くなった残雪に半分埋もれた細い枝にも

折れた枝の先にさえも

小さな新緑の風

(新潟県上越市 5月26日)

2012-05-27 [ Sun ]
IMG_307170.jpg

雨のち晴れ
そんな天気予報に誘われるように三石森林公園へ


遠くを眺める

どの樹もどの草も


自分が生きることだけを考えて
今しか出来ないことに没頭して

そうして
大自然の理法に適う

まるで奇跡


(茨城県かすみがうら市 5月22日)

2012-05-25 [ Fri ]
IMG_307010.jpg

湿原に咲く
小さな花
小さなハピネス

遠くのせせらぎを
運んでくる風は
みどりいろ


楽しげな花のおしゃべりに
耳を傾ける
ひと時の
ハピネス

2012-05-23 [ Wed ]
IMG_306999.jpg

一番外側の花びらだけ

ほんのりピンク

静かに可憐に


2輪目のつぼみもそのうちひらく

新緑の風のなかで

もうすぐふたり

(長野県信濃町 5月20日)

2012-05-21 [ Mon ]
IMG_307149.jpg

雲の間からくっきり見えました。

何を見ました?

ららが見たのは

真っ黒な満月

昼間
みんなに忘れられているお月様が
夜と同じように
そこにいてこちらを見ていてくれる

すがたがみえなくても
あなたはいつでも
いてくれる

あるということ
いるということ
存在すること
見えること見えないこと
影と光
影という存在

やはりそれは
奇跡

(5月21日)
2012-05-21 [ Mon ]
IMG_306860.jpg

早朝の滝

マイナスイオンたっぷりなのか
とても気持ちいい


動かない岩
流れる水
消える命
そしてまた生まれる命

滝は命の遠い遠いふるさとのよう

(5月13日 栃木県日光市)
2012-05-19 [ Sat ]
IMG_306851.jpg

横たわって
見えるのは
続く若木の林

思うのは
刻まれた時の記憶

今でも魂は生きている
あなたを思っている

無へ帰る恐怖などない

(栃木県日光市 5月13日)



2012-05-17 [ Thu ]
IMG_306845.jpg

ただ普通の
まっすぐの




ほんのり萌黄色の芽が

朝日にオレンジ色


きっと明日には希望が見つかる



夜明け前雑木林を歩いたのははじめてで

とても新鮮

すべて自己責任

明け方は氷点下。

(栃木県日光市 5月13日)



2012-05-16 [ Wed ]
IMG_7

またまた次の日。

自分の前に未来
後ろに過去を意識しながら
前後左右上下に広がっているこの空間を
世界と呼んできるけれど、

でもほんとの世界は全然違って、

もっと混沌として

もっとエネルギッシュで

最短の直線が意味を失う世界


繰り返す自然の試行錯誤が突然
美をクリエイトする
2012-05-14 [ Mon ]
IMG_306700.jpg

こんどは麦の穂にぐっと近づいてみた

小さな雫が光の美しさを際立たせる


もっと輝いて

もっとはずんで

もっと遠くへ


(茨城県下妻市 5月11日) 

2012-05-13 [ Sun ]
IMG_306572.jpg


夜が白みはじめたころ

ベッドの中で起きようか寝ていようか・・・

やっと決心して車を走らせたのは下妻市

寝ぼけ眼で見た世界は

まだ夢の続きのよう


・・・・・
あわてて家を飛び出して
CFカードをわすれてしまったららに
カードを貸してくださった方、
何とお礼を言ったらいいか。。
ありがとうございました。

(茨城県下妻市 5月10日)
2012-05-12 [ Sat ]
IMG_306524.jpg

流れの中の枯れた幹

訪れるたびにその姿を変える


期待して外れても

この遊水地の中は別世界


深く息を吸って

そして吐く


葦原を抜ける風と光は

心の風景を満たしてくれる

(栃木県藤岡町 5月8日)
2012-05-11 [ Fri ]
IMG_306454.jpg

東の空はゆっくり

薄紫

日常空間はもうすぐそこに



日常の時間が直線なのは

ほんの一瞬

未来も過去も

ゆらゆら漂う線からはなれて

きらっと輝く


じっと耐えた記憶は

無限に拡散してうすめて


感動だけを

凝縮して

光にしたい












2012-05-10 [ Thu ]
IMG_306444.jpg

湖面に映ったスーパームーンに

葉っぱたちがささやきかける

夜明け前の

秘密の時間



月が地球に一番近づくこの日は満月

いつもよりすこし大きい

この同じ月をどこかで誰かみている

きっとあなたも。

(茨城県つくばみらい市 5月7日)
2012-05-09 [ Wed ]

IMG_306436.jpg

西湖近くの桜の樹

華、桜花

一瞬でもいい

明るく輝きたい



自然とたくさんの情報が集まってくる
竜巻で屋根やガラスが吹き飛ばされた地区でも
今日は暴風雨

同じ地区でも大きな被害にあったところと
まったく被害のない所と

悲しいくらいのその差

なぜ?と理由を問うことがまったく意味をもたない

たくさんの理由が一瞬のうちに
空に巻き上げられ
風に翻弄され
たたきつけられて

ただの自己満足の欠片になってしまった

2012-05-08 [ Tue ]
IMG_306403.jpg

ここには

大地
地面が

ない

下は溶岩の間を根っこが伸びて


たくさんの隙間や穴の存在を

落ち葉がそっと隠す

歩くと突然足が穴に入ってしまう

溶岩の底のその下は?

樹海には遊歩道も整備されていると聞いていたけれど
入り口をまちがえて

ほんとにに
まさに
樹海


2012-05-07 [ Mon ]
IMG_306398.jpg

林道を逸れて林の中を歩いていくと

こけで緑のなった枯た幹がある

枯れてからずっとそのまま



若葉の色がまぶしい5月の林のなかで

ここだけ

時間が

凝縮


(山梨県富士河口湖町 5月5日)



2012-05-06 [ Sun ]
IMG_306359.jpg

5時少し前

本栖湖から。

夜明け前から嵐のように風が吹いて
5月とは思えない寒さ


暑いとか寒いとか
嬉しいとかがっかりとか

そんな人間の感覚をはるかに凌駕して

人間の長い長い愛憎劇を一瞬で見通せるような宇宙の一部のような
そんな姿で

富士山はそこにあった。


(山梨県身延町 5月5日)




2012-05-05 [ Sat ]
IMG_306317.jpg

そろそろ見ごろを迎えたシャガ

ひっそりと控えめに咲くけれど

群落は美しい



林の妖精の世界の入り口を開く


渡る風に
かすかな囁きと香りをのせて



IMG_306335.jpg

(茨城県石岡市 4月30日) 


・・・・・

今日はうっとりするほどさわやかな空気

青い空

深呼吸するだけで幸せ気分になれる日

幸せの理由って

じつはとっても単純なものなのかも・・・


2012-05-04 [ Fri ]
IMG_306301.jpg

期待はずれの曇り空の下

枯れた樹がひとり

芽吹きの季節を懐かしむ


地中に根を伸ばして

根を張って

枝と葉っぱたちを支えた力の痕跡だけを残して


(栃木県藤岡町 4月28日)


2012-05-03 [ Thu ]
IMG_306287.jpg

地平線の向こうは厚い雲

日の出の写真をあきらめて

ウグイスの声を楽しんでいたとき

不意に雲が切れて

光が地上に降りそそぐ


記憶の底に沈んでいく過去と
不確かで曖昧な未来の間で漂う
虚ろな今が

リアリティを持った瞬間

(茨城県つくば市 4月24日)

2012-05-02 [ Wed ]
IMG_306224.jpg

夕方、雨が上がったし

それで

筑波山のいつもの場所に


この夕方のひと時を

綺麗に折りたたんで

記憶にしまう


一週間もすれば

山は新緑の緑色にかわる



終りの静止は
命の胎動を
呼び起こす

終わりは始まり

そして
もう一度
再会する

(茨城県つくば市 4月23日)


・・・・・
壊れたレンズ
治るのに2週間
今は特別混んでいるらしい。








 | HOME | 

プロフィール

らら

Author:らら
月へ帰る道が分からなくなったららです

フォトの中に時を閉じ込めて

心の扉の鍵をそっとあけて


忙しいあなたの心が癒されますように

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。