夢と幻の散歩道2

夢と幻の散歩道 第2章 _手に届かないお月様を求めて 心は はるかに遠く 切符をなくしてしまったまま 旅は今日も続いている

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-31 [ Wed ]
IMG_404111.jpg


光の縦糸と

風の横糸が

朝の大気を生み出す


遠く
もっと遠くに
響くのは

トロンボーンのファンファーレ












スポンサーサイト
2012-10-30 [ Tue ]
IMG_404074.jpg

きらきらのエノコログサ

その向こうにススキ


勝手気まま

みんな好きずき

ばらばらに


そろってみんな輝く金色!


茨城県守谷市



2012-10-29 [ Mon ]
IMG_404083.jpg

それぞれの草が
たくさんの実を結び
朝日に揺れる

秋という季節の充実




2012-10-28 [ Sun ]
IMG_404008-.jpg

雲ひとつない空

朝の光にしては強すぎる陽射


たくさんの

出会いと別れ

愛と憎、

笑いと涙をのせたまま

季節の列車は

冬へと向う

嘘と矛盾と裏切りの渦巻くこの世界を

それでも
調和しているなんて

誰か言えるの?

暗から明へ
変わらぬ一日の初めの光は

世界はこのままで美しいと囁いて輝く








2012-10-25 [ Thu ]
IMG_403889.jpg


そこにあるのは

終焉と復活が織りなす

自然の圧倒的な営為


時間と空間は

樹の命と枝の意志に昇華

(守谷市にて)
2012-10-23 [ Tue ]
IMG_403850.jpg

ここでは
すべてがクリアで深く
すべてが神聖になる


時が止まり
音が消え


光が降り注ぐ

(妙高にて)
2012-10-22 [ Mon ]
IMG_403677.jpg

朝もやが晴れる頃

池が鏡に変わる

池の中の空は
空以上に鮮やかに深く高く

存在以上の存在感に
圧倒されて
しばしたたずむ

2012-10-21 [ Sun ]
IMG_403823.jpg

金色の秋の光を顔料に

風のリズムで描く屏風絵


(妙高にて)



2012-10-19 [ Fri ]
IMG_403482.jpg


何かが変わらず続くと

そう信じられるから


これからも

待つことができる

2012-10-18 [ Thu ]
IMG_403472.jpg

秋は冬に向かって
駆け足で坂道をくだっていく

下ろしたカメラバッグにすぐ霜が付いてしまうほど
朝はきりきりと寒い



ダケカンバは最後の葉っぱをお日様に捧げる

光と影があわせて
ひとつの
秋の美しさを作る

光だけの世界がないように
闇の世界も
きっと

ない
2012-10-17 [ Wed ]
IMG_403218.jpg

夜中はときどき激しい雨

空白む頃激しい風

そして

夜明け前

地上の広がりを眺めながら
なぜか
閉ざされた感覚

屈折した光が心に乱反射して現れた

別の自分との語らい


警鐘と鼓動と

そして

祈り

2012-10-15 [ Mon ]
IMG_403331.jpg

渡良瀬の秋が好き

冬に向かう緊張感と
葦原に広がる風が気持ちいい

空も川も赤く染まり
川霧が立ち

一期一会の出会いの喜びが広がる





2012-10-12 [ Fri ]
IMG_403062.jpg

実りの棚田

手をかけた稲たちが
大きく育って

重そうな稲穂をつける

刈り取りに満たされる充実感


秋は

寂しいだけじゃない

2012-10-10 [ Wed ]
IMG_403096.jpg

かすかな風に

小刻みにふるえる

幻の七つの色は気まぐれに

現れては消え

また現れる


心惑わすような

もてあそぶような

小さな吐息のように



2012-10-09 [ Tue ]
IMG_403027.jpg

彼岸と此岸とをつなぐ闇



何百年も昔から

情熱と死をみつめる石段



  憂い消す薬は毒か彼岸花
  結ぶ雫を唇に受けて
2012-10-08 [ Mon ]
IMG_403015.jpg

雨の中の彼岸花

お彼岸をとうに過ぎて
少し遅れて満開

雨に打たれても

うなだれはしないその強さは

どこからくるのだろう

たった一枚の葉っぱにも守られることなく

細い茎だけで花を咲かせるその強さは

どこから来るのだろう

寂しさの彼岸へ

苦しさの彼岸へ





2012-10-06 [ Sat ]
IMG_402933.jpg

眠りから覚めたばかりのコスモス


細い茎は
嵐に耐えた分だけ不思議な曲線を描く


苦しさの記憶さえ

楽しげなリズムに変えて


2012-10-05 [ Fri ]
IMG_402757.jpg

激しい風にあそばれて
疲れて倒れて

でも
折れないコスモス

折れないのは
敵を作らないから

まるで
風を楽しんでいるみたいに

花言葉は乙女の真心




2012-10-03 [ Wed ]
IMG_402745.jpg

秘密とか言うとかっこいいけれど。
じつは場所がわからないだけ。

荒地の中でとつぜんまっすぐ茎を伸ばす

何かを望んで
何かを求めている

情熱的な生

曼珠沙華は天界に咲く花の意味。

なのに別名

死人花とか幽霊花とか

英語では赤蜘蛛ユリとか・・・(red spider lily)
2012-10-02 [ Tue ]
IMG_402735.jpg

いつもより長く地中で暮らしていた彼岸花が

ようやく咲き始めた




鮮やかな明るい赤とその毒

夜は不思議な彼岸へと誘う

毒というと嫌う人もいるけれど
この毒実は
アルツハイマーの薬の原料




2012-10-01 [ Mon ]
IMG_402683.jpg


光が鳥居の足元を照らす。

鳥居の神様はこのとき

両手を挙げて
海に何かをさけんだ。


波は恐れおののき

一瞬しずまる。

次には
神様は微笑んでうなずいて
また高い波が押し寄せる

何がおこったのか
何を語ったのか


・・・・誰も知らない。

 | HOME | 

2012-10

プロフィール

らら

Author:らら
月へ帰る道が分からなくなったららです

フォトの中に時を閉じ込めて

心の扉の鍵をそっとあけて


忙しいあなたの心が癒されますように

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。