夢と幻の散歩道2

夢と幻の散歩道 第2章 _手に届かないお月様を求めて 心は はるかに遠く 切符をなくしてしまったまま 旅は今日も続いている

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-31 [ Mon ]
IMG_407799.jpg

ボランティアが終わって
急いで車を走らせてた

富士山と土浦の町並みと霞ヶ浦とハス田


グラデーションとオレンジ色のハス田

ここに来てよかった


おまけの一日
だって、昨日で今年は終わりかと思っていたら、
もう一日あった。

だからおまけ

来年こそは

物を壊さないように
落とさないように
なくさないように

夢空間をさまよいながら今は見えない未来の光の中へ

土浦市手野



スポンサーサイト
2012-12-31 [ Mon ]
IMG_407731.jpg

何とか無事に
一年が終わる

区切りのないものに区切りをつけて
見飽きた日常に
新しいという感覚を持ち込むために
終わるという日を作る


どんな一年だったろう

たくさんの人の心に触れて
優しさもらって
感謝しつつ

何も役に立たない自分を
反省

らいねんもよろしくおねがいします
2012-12-28 [ Fri ]
IMG_407562.jpg

つくば市からの筑波山の形と違うし
母子島からの筑波山とも違う

はじめて行った延島では
川霧は出なかったけれど

空はオレンジ色


写真では取れなかったけれど
鳥たちが一斉に飛び立った

そうして、時を切り刻んで

人が暮らす

2012-12-27 [ Thu ]
IMG_406761.jpg

あまり美しくない草も

明け方の光をあびて

輝く


その瞬間

時間は本来の自然に回帰して

記憶のような過去も
期待のような未来も

その狭間に立つこの心も

すべて消えて

ただ深い今の充足に

過去と未来が

過飽和に融ける
2012-12-25 [ Tue ]
IMG_406640.jpg

フイルムカメラならもっと綺麗なグラデーションがでるのかも


消えそうな月と

金星と

宇宙のハーモニー


最後の光は

あなたの心に


12月12日
2012-12-24 [ Mon ]
IMG_407578.jpg

窓の外はイルミネーション

IMG_407588.jpg

部屋の中では
天使の詩

IMG_407583.jpg

キャンドルに灯を灯して

IMG_407584.jpg

メサイヤが響く

IMG_407585.jpg

幸に値しない
いつもそんな風に思ってきた

それでも今宵
心は光に満ちる

IMG_407579.jpg

すべて人とともに祝福を

また新しい明日のために

光あれ

メリークリスマス


2012-12-21 [ Fri ]
IMG_406349.jpg

霞ヶ浦
いつも行く所よりかなり北
高浜というところ

初めて来た場所なのに

懐かしい


撮影12月8日

2012-12-20 [ Thu ]
IMG_406294.jpg

地元のお寺
紅葉に飾られた門の向こうに
陽が落ちる

そのオレンジの光が石畳を赤く染める瞬間がある

一年に数度の静かなドラマ
がおわると

季節は終焉にむかう

(12月7日 つくば市)


2012-12-19 [ Wed ]
IMG_406216.jpg

小川から湧き上がった靄が

地上に漂う



深い吐息と

恍惚感が


朝の光に包まれる


12月5日茨城県守谷市

2012-12-14 [ Fri ]
IMG_406018.jpg

朝6時

まだ暗いなか、街の灯と北アルプスと霧氷の木々が
不思議に浮んで見える

そんな曖昧なかすかな光の中で

カメラは
くっきりと
広がる朝の情景を捉える



美ヶ原より

12月2日

2012-12-12 [ Wed ]
IMG_406030.jpg

もうすぐ日が昇る

遠い空のサーモンピンクに

優しい暖かさを思い描きながら

頬に当たる空気の冷たさと

指先の痛さに

耐えて

2012-12-10 [ Mon ]
IMG_405839.jpg

朝冷え込むときに訪れる

撮影するすぐ後ろを
社会の生活の忙しさが
騒わがしく行き来する

それでも
高原でみたときと同じように
太陽は
その時刻になるとオレンジ色に
空を染める


ららケータイ、水にチャポン、でしばらく使用不能です。連絡はPCもしくは
鍵コメでお願いします。
2012-12-08 [ Sat ]
IMG_405639.jpg

金星のあとを追いかけて昇ってくるのが水星

暗い夜空を見上げて
日の光をあこがれるより

夜空の星のドラマを楽しんだほうがいい

同じだけ時をすごすなら
楽しくて元気が出るほうがいい

11月25日鎌倉山にて
2012-12-06 [ Thu ]
IMG_405672.jpg

空を漂う靄が

海のような存在感を持つとき


何かが転換して

新しい発想がうまれ

飛躍に道筋ができる


雲の上に響くのは愛の詩

11月25日・鎌倉山
2012-12-04 [ Tue ]
IMG_405613.jpg


水が

落ち葉以上に

赤く染まるときがある


暗い月が

煌々と輝くように


静かな密かな営みが

きっと奇跡を

おこす















2012-12-02 [ Sun ]
IMG_405580.jpg

年輪の褶曲は

刻まれた痛みの記憶


消えることのない傷跡を抱えて

それでも

たくましくやさしく

季節に身を任せて
2012-12-01 [ Sat ]
IMG_405528.jpg

地上の音が空に吸い込まれてしまったような
静かな夜明けが
一転して

力強い鳥たちの声

足元を見つめ
黙々と生きる人々の生活が

宇宙の営みのリズムと

共鳴する

瞬間

(11月21日 渡良瀬遊水地)

 | HOME | 

2012-12

プロフィール

らら

Author:らら
月へ帰る道が分からなくなったららです

フォトの中に時を閉じ込めて

心の扉の鍵をそっとあけて


忙しいあなたの心が癒されますように

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。