夢と幻の散歩道2

夢と幻の散歩道 第2章 _手に届かないお月様を求めて 心は はるかに遠く 切符をなくしてしまったまま 旅は今日も続いている

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-27 [ Thu ]
IMG_417959.jpg

一面のワタスゲに圧倒されて・・・のはずが
たくさんの人に圧倒されて

夜明け前から駐車場はほぼ満杯

朝焼けもガスもなし、ワタスゲは控えめ

いろいろなときがあって、当たり前

この先もずっとずっとチャレンジ
スポンサーサイト
2013-06-24 [ Mon ]
IMG_417889.jpg

深い沈黙の中で生きてきた老樹


閉じ込められた時間には

今を寄せ付けない厳しさがある


遠い遠い戦いの記憶


またまたブログを放置してしまってごめんなさい。
ららは元気で生きていますっ!




2013-06-17 [ Mon ]
IMG_417804.jpg

満開のレンゲツツジに

かぜが優しくささやく



手を伸ばせば届きそうな光

手を伸ばしてみると

はるかに遠い月の光

幸せは
いつだってそんな感じ

2013-06-13 [ Thu ]
IMG_417612.jpg

相変わらずいつもの場所で、いつもの構図。
秋は一面のそばの花、今は麦

。。。。
たとえば
昔使っていた机の引き出しを開けると
閉じ込められていた時間がメロディーになって空間を満たす

先日飲んだ麦茶は
遠い遠い小学生のときの夏休みの
昼下がりの風のメロディー





2013-06-09 [ Sun ]
IMG_417417.jpg

何気なく立ち寄った菜の花畑

その迫力は実際みてみないと分らない

カメラマンが少ないのがとても不思議

遠くに見えるのが鳥海山

花がささやく想い出

残雪の山がつぶやく遠い記憶

青空を渡る雲の想い出

それぞれの時間が重なって

調和してシンフォニーになる


2013-06-05 [ Wed ]
IMG_416799.jpg

10日近く前のフォト

地元では結構有名になったポイントで
この日もたくさんのカメラマン


光あふれる予感

ときめきの予感








2013-06-04 [ Tue ]
IMG_417464.jpg

ケヤキの葉の間からこぼれた木漏れ日は
風のリズムに合わせて倉庫と石畳にゆれる

明治に建てられたおコメの倉庫
その裏にあるケヤキ並木

夏の暑い日ざしをさえぎり

冬の強い北風をさえぎり

そう、そのために植えられたケヤキ並木


この道を歩くと何かに守られているような
やさしい空気の肌触り





2013-06-01 [ Sat ]
IMG_417102.jpg

凍りつく冬を越えて

冷たい春を過ぎ


またすこしだけ成長


深い残雪は

鳥のさえずりも

風のざわめきも

すべてを吸い込んでしまう

 | HOME | 

2013-06

プロフィール

らら

Author:らら
月へ帰る道が分からなくなったららです

フォトの中に時を閉じ込めて

心の扉の鍵をそっとあけて


忙しいあなたの心が癒されますように

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。